内田裕也「格好つけている場合じゃない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月14日 > 内田裕也「格好つけている場合じゃない」
メニュー

内田裕也「格好つけている場合じゃない」

2011年4月14日 16:00

被災地支援に熱い思い「孫文の義士団」

被災地支援に熱い思い
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 香港映画界の旗手ピーター・チャンが製作した「孫文の義士団」の公開を記念し4月14日、東京・シネマート六本木でロック歌手の内田裕也がトークショーを行った。

同作は清王朝末期の香港を舞台に、西太后が計画した革命家・孫文の暗殺計画を阻止するために選ばれた、8人の義士団の活躍を描いたアクション時代劇。

ジョン・レノンの「パワー・トゥ・ザ・ピープル」に合わせ壇上に登場した内田は、「(注目を浴びて)石田純一みたいで照れるね」とニヤリ。孫文や辛亥革命に興味があったというだけあり、「この映画は考えさせられるストーリーだし、アクションもすばらしくてエンタテインメントとしても面白い」と絶賛。「嘘っぽい俳優がひとりもいなくて、全員がいい顔をしていた。演じるというよりもなりきっていた。辛い(からい)気持ちでシニカルに見ると面白いと思う」と話した。


画像2

[拡大画像]

3月11日に発生した東日本大震災を受け、さまざまな支援活動を行っている内田は、4月6日に被災地の石巻市に赴いた。「第一声は何て言っていいか分からなかった。でも、ロックンローラーというプライドを持って中途半端では行きたくなかった」と胸中を吐露。「HELP&LOVE」として募金活動も行っており、「前半だけと言われないよう、コツコツと続けて行きたい」と語った。

現在の政治についても厳しく言及した内田は、同作のテーマにもなっている「義」について「義っていうものは難しい。自分も(義士団の)8人のような崇高な心は持ってないし、自堕落な生活も送ってきたロックンローラー。でも、10%の正義感を持つことが人間として大事。今は格好つけている場合じゃない」と熱弁した。

孫文の義士団」は、4月16日から全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi