「氷の微笑」脚本家、エロチックスリラーで復活 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月13日 > 「氷の微笑」脚本家、エロチックスリラーで復活
メニュー

「氷の微笑」脚本家、エロチックスリラーで復活

2011年4月13日 15:51

果たして主演は?「氷の微笑」

果たして主演は?
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「氷の微笑」「ショーガール」の脚本家として知られるジョー・エスターハスが、得意とするエロチックスリラーの新作脚本でハリウッドへの復帰を果たそうとしている。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、新作のタイトルは「Lust(欲望、情欲の意)」。「氷の微笑」と「危険な情事」を掛け合わせたような内容だという。30歳の既婚美女を主人公に、愛人関係にある年上の男、年下のプレイボーイ、若いロシア美女らが愛憎劇を繰り広げる。

プロデュースを手がけるのは、「白いカラス」「コレラの時代の愛」のスコット・スタインドーフ。これから数週間で監督と俳優を決定し、今年夏から秋にかけてのクランクインを目指すという。

エスターハスは1980~90年代、「フラッシュダンス」「白と黒のナイフ」「氷の微笑」などの大ヒットを飛ばし、一時はハリウッドで最も高額のギャラを取る脚本家だった。しかし、評価、興行ともに低調に終わった95年の「ショーガール」(ポール・バーホーベン監督)以後、業界を干されて目立った活躍はしていない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi