「八日目の蝉」成島出監督、ロケ地・小豆島へ凱旋 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月10日 > 「八日目の蝉」成島出監督、ロケ地・小豆島へ凱旋
メニュー

「八日目の蝉」成島出監督、ロケ地・小豆島へ凱旋

2011年4月10日 09:49

小豆島で会見した成島出監督「八日目の蝉」

小豆島で会見した成島出監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 井上真央主演作「八日目の蝉」のメガホンをとった成島出監督が4月9日、ロケ地となった香川・小豆島の中央公民館で行われた先行上映会に出席。成島監督は、同島の塩田幸雄町長とともに舞台挨拶に立ち、詰めかけた約850人の観客が見守るなか、記念セレモニーを行った。

角田光代の人気小説を映画化する同作は、父親の不倫相手だった誘拐犯・希和子(永作博美)に育てられるという数奇な運命を背負った主人公・恵理菜(井上)が、月日を経て自らも不倫相手の子どもを妊娠。再会した幼なじみとともに自らのルーツをたどる旅に出て、過去と向き合いながら母性に目覚めていく姿を描く。

小豆島では、希和子と薫(=恵理菜)が短い期間ながらも幸せな生活をおくっていたシーンを軸に、成長した恵理菜が再訪する場面などを撮影。成島監督は、「こんなに気持ち良く撮影させていただいたのは小豆島が初めてで、本当に幸せだった。この映画を見て、ひとりでも多くこの美しい島に訪れてもらい、恩返しがしたい」と感謝の気持ちを語った。

また、同島で6年前まで行われていた豊作祈願の祭り「中山の虫送り」のシーンは、島民の協力なしには成立しなかった。エキストラ出演は約200人にも及んだそうで、「小豆島の方々は安請けしないが、一度了承すると全力で協力してくれる。今の民主党や政治家にも見てほしい」とうながしていた。

八日目の蝉」は、4月29日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi