AKB48小林香菜、監督から怒られた記憶は「脳から削除」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月10日 > AKB48小林香菜、監督から怒られた記憶は「脳から削除」
メニュー

AKB48小林香菜、監督から怒られた記憶は「脳から削除」

2011年4月10日 09:49

監督の謝罪にもあっけらかんとした表情 を浮かべた「AKB48」の小林香菜「はい!もしもし、大塚薬局ですが」

監督の謝罪にもあっけらかんとした表情
を浮かべた「AKB48」の小林香菜
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「AKB48」の小林香菜が映画初主演を果たした「はい!もしもし、大塚薬局ですが」の初日舞台挨拶が4月9日、東京・新宿のK’s cinemaで行われ、小林をはじめ、共演の円城寺あや、メガホンをとった勝又悠監督らが登壇した。

東京ネットムービーフェスティバルで受賞歴のある勝又監督が、同映画祭の支援を受けて製作した青春ドラマ。片思いに悩む女子中学生・恵美(小林)と知り合った薬局店長の中年女・真名美(円城寺)は、初々しい恵美に青春時代の自分を重ね合わせる。やがて、恵美の片思いを成就させようとする真名美の“恋の処方”はヒートアップし……。

小林は「今まで演技はやったことがなく、よくわからない部分が多かった。監督から言われたそのままを演じたので、あまり実感がない」と初主演にも気負いなし。「存在の根本を否定するような厳しいことを言ってしまった」と恐縮しきりの勝又監督に対して、「そうでしたっけ? 実は怒られた記憶がないんですよ。いやなことはすぐ忘れちゃうんで、脳から削除したのかな」とあっけらかん。すでにAKB48のメンバー数人が同作を見ているといい「ほのぼのしていて、いい映画だと言ってくれた」と誇らしげだった。

撮影は2009年。円城寺は約2年ぶりに小林と再会し「大人っぽくなって、びっくり」。また、「この世のものとは思えないほど醜い顔をしてほしいといわれ、監督の目指す方向性がわかった」とユニークな演出を述懐。勝又監督は「今、見返すと反省だらけだが、ポップでキュートな作品に仕上がったと思う。今までこだわり続けた『子どもvs. 大人』という裏テーマに決着をつけることもできた」と胸を張った。

関連DVD・ブルーレイ情報

はい!もしもし、大塚薬局ですが[DVD] はい!もしもし、大塚薬局ですが[DVD]最安値: ¥3,292 GTO スペシャル[DVD] GTO スペシャル[DVD]最安値: ¥3,201 ガキ☆ロック[DVD] ガキ☆ロック[DVD]最安値: ¥3,201
代行のススメ[DVD] 代行のススメ[DVD]最安値: ¥3,201 月の子供[DVD] 月の子供[DVD]最安値: ¥5,094 ガンヘッド[DVD] ガンヘッド[DVD]最安値: ¥4,951
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi