橋口亮輔監督「ピュ~ぴる」ドキュメンタリーに「とうとうと泣いた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月10日 > 橋口亮輔監督「ピュ~ぴる」ドキュメンタリーに「とうとうと泣いた」
メニュー

橋口亮輔監督「ピュ~ぴる」ドキュメンタリーに「とうとうと泣いた」

2011年4月10日 09:49

橋口監督「ピュ~ぴる」に感動「ピュ~ぴる」

橋口監督「ピュ~ぴる」に感動
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 国際的に活躍する現代美術アーティスト・ピュ~ぴるを追ったドキュメンタリー「ピュ~ぴる」(松永大司監督)のトークイベントが4月9日、東京・渋谷のユーロスペースで行われ、ピュ〜ぴる、松永監督、ゲストとして橋口亮輔監督が出席した。

俳優としても活動していた松永監督は、橋口監督の「ハッシュ」(2002)に出演。橋口監督のオーダーで、“ゲイバーのイケてないホモ”役を演じた松永監督は、「橋口さんの作品に何の役でもいいから出たかったんです。でもそのとき、『ウォーターボーイズ』の撮影をしていて、日焼けをして怒られたんです」と当時のエピソードを披露した。

映画「ピュ~ぴる」は、ピュ~ぴると長年の友人である松永監督が、性同一障害、失恋、去勢手術を経て横浜トリエンナーレでのパフォーマンスに至るまでの8年間を追ったドキュメンタリー。完成後13カ国の海外映画祭に招待され、今年1月のロッテルダム国際映画祭では、700本以上の上映作品から観客投票でベスト10入りという快挙を成し遂げた。

同作について、橋口監督は「とうとうと泣きましたよ」と感動した様子。さらに、「作品にはその人の人柄が出るもの、その方が作品として力があると思うんです。ものすごくシンプルな構成で、松永くんはドラマチックな場面でもただ寄り添って撮っている。ドキュメンタリーとしてそれを食い足りないと思う人もいるかもしれないが、松永くんの節度、優しさだと思う」と称えた。

さらに、偽りのない姿をさらけ出したピュ~ぴるに対しては「本当に世の中に対して、自分に対して戦ってる。オレもそうですけど、血を流しながら正直に生きていると傷つくことも多い。だけど、その姿は必ず人に伝わるはず」と同調していた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi