米メジャー4社と興行主の対立深まる オンデマンド配信に反対 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月8日 > 米メジャー4社と興行主の対立深まる オンデマンド配信に反対
メニュー

米メジャー4社と興行主の対立深まる オンデマンド配信に反対

2011年4月8日 15:20

オンデマンド配信に反対するキャメロン監督

オンデマンド配信に反対するキャメロン監督
写真:Fame Pictures/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ワーナー・ブラザース、ソニー・ピクチャーズ、ユニバーサル・ピクチャーズ、20世紀フォックスの米メジャー4社が、「ホーム・プレミア」と名付けた新たな映画配信サービスを発表して以来、興行主との対立が深まっている。

「ホーム・プレミア」は、米ディレクTVで提供される新たな高級オンデマンドサービス。劇場公開から60日しか経過していない最新作を配信するのが最大のウリだ。この新サービスの発表直後から、米興行主の業界団体National Association of Theater Ownersは、観客動員が減るとして反対声明を発表していた。

全米3万8605スクリーンのうち、1万6000スクリーン近くを持つAMC、リーガル、シネマークの3大チェーンは、メジャー4社の作品の予告編を上映しないなどの対抗措置を発表。さらに、ハリウッド・レポーター誌によれば、興行主側はジェームズ・キャメロン監督の支持を取りつけたという。キャメロン監督は近々、声明を発表する見込みで、稀代のヒットメーカーの抗議を受けてスタジオ側がどう反応するかに注目が集まる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi