「シネマ歌舞伎」ファンの声に応え全作品のアンコール上映開始 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月6日 > 「シネマ歌舞伎」ファンの声に応え全作品のアンコール上映開始
メニュー

「シネマ歌舞伎」ファンの声に応え全作品のアンコール上映開始

2011年4月6日 07:17

シネマ歌舞伎第1弾「野田版 鼠小僧」「怪談 牡丹燈籠」

シネマ歌舞伎第1弾「野田版 鼠小僧」
(C)松竹
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌舞伎の舞台公演を高性能カメラで撮影し、スクリーンで上映する「シネマ歌舞伎」が、4月9日から5月20日にかけて東京・築地の東劇で、全作品のアンコール上映を行うことになった。

「シネマ歌舞伎」は、2005年に「野田版 鼠小僧」を第1弾としてスタート。第13弾となる最新作「大江戸りびんぐでっど」まで、これまで歌舞伎を上演する機会の少なかった地域を含む全国の映画館やホールで上映され、多くの歌舞伎ファンの好評を博している。

これまでに米ニューヨークやカナダ・トロント、イタリア・ローマなど海外上映を実現してきたこともあり、一部作品では英語、イタリア語の字幕付き上映も行うという。

上映作品は、「野田版 鼠小僧」、2本立て「鷺娘/日高川入相花王」、「京鹿子娘二人道成寺」、「野田版 研辰の討たれ」、「ふるあめりかに袖はぬらさじ」、「人情噺 文七元結」、2本立て「連獅子/らくだ」、「刺青奇偶」、「特別編 牡丹亭」、「怪談 牡丹燈籠」、「法界坊」、2本立て「蜘蛛の拍子舞/身替座禅」、「大江戸りびんぐでっど」。

また、歌舞伎座さよなら公演の様子をドキュメンタリー映画として構成した「わが心の歌舞伎座」が、ファンの根強い要望に応えアンコール上映をスタートさせ、東京・丸の内ピカデリーで4月28日まで上映中。

「シネマ歌舞伎」は4月9日~5月20日、東京・築地の東劇で上映。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi