カルト映画「ムカデ人間」で日本人俳優がムカデ1号に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月5日 > カルト映画「ムカデ人間」で日本人俳優がムカデ1号に
メニュー

カルト映画「ムカデ人間」で日本人俳優がムカデ1号に

2011年4月5日 10:51

D・ラーザー演じる“ムカデ人間”を作り出そうと目論む医師「ムカデ人間」

D・ラーザー演じる“ムカデ人間”を作り出そうと目論む医師
(C)2009 SIX ENTERTAINMENT
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今夏の全国公開が決定した「ムカデ人間」に、ハリウッド在住の日本人俳優・北村昭博が出演することが分かった。

オランダとイギリスの合作で製作された同作は、ドイツ郊外の屋敷を舞台に、ひとりの医師が狂気に満ちた願望を達成させようと、常軌を逸した行動をとる姿を描いたカルトムービー。劇中に登場する、複数の人間の口と肛門をつなぎ合わせた“ムカデ人間”が、アメリカやヨーロッパでは公開と同時に物議をかもしている。

北村は「HEROES ファイナルシーズン」への出演経験を持つが、ハリウッド大作への出演ははじめて。同作では、医師ハイター(独俳優ディーター・ラーザー)に捕らわれた日本人男性を演じ、ムカデ1号にされてしまう。

ムカデ人間」は、7月2日から東京・渋谷のシネクイントほかで全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi