松本人志監督「さや侍」予告編で“30日の業”明らかに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月4日 > 松本人志監督「さや侍」予告編で“30日の業”明らかに
メニュー

松本人志監督「さや侍」予告編で“30日の業”明らかに

2011年4月4日 12:00

“30日の業”にいかにして挑むのか!?「さや侍」

“30日の業”にいかにして挑むのか!?
(C)2011「さや侍」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ダウンタウン」の松本人志の監督映画第3弾「さや侍」の予告編が4月4日、公開された。

同作は、無断で脱藩し刀を捨てた侍・野見勘十郎と、娘たえの流浪の旅を描いた松本にとって初の時代劇。脱藩した罪で捕らわれた勘十郎が、変わり者の殿さまにくだされた、成功すれば無罪放免、失敗すれば即切腹という“30日の業”に挑む姿を完全オリジナルストーリーで描く。勘十郎を演じるのは、俳優経験皆無の53歳のバーテンダー・野見隆明。たえは子役の熊田聖亜が扮する。

予告編では、母親を亡くし笑顔を失ってしまった殿さまの息子を、期限内に笑わせなければならないという“30日の業”が明らかになる。笑いのために体を張って奮闘する勘十郎と、刀を持たない父に反発を覚えていたが、のちに勘十郎を支え、誇りにするたえの姿が描かれている。

共演は板尾創路、りょう、國村隼伊武雅刀ら。「さや侍」は6月11日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi