全世界大ベストセラー「大聖堂」のドラマ化、続編製作が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月1日 > 全世界大ベストセラー「大聖堂」のドラマ化、続編製作が決定
メニュー

全世界大ベストセラー「大聖堂」のドラマ化、続編製作が決定

2011年4月1日 11:18

引き続き制作を手がけるリドリー・スコット「ジャッカル」

引き続き制作を手がけるリドリー・スコット
写真:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全世界で2000万部を超える、ケン・フォレットのベストセラー小説「大聖堂」をドラマ化した「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」の続編の監督を、マイケル・ケイトン=ジョーンズ(「ジャッカル」「氷の微笑2」)が務めることが決定した。

王位をめぐる争いと混乱に満ちた12世紀のイングランドを舞台に、大聖堂建築の裏で繰り広げられる愛と欲望のヒューマンドラマ。リドリー&トニー・スコット兄弟が制作総指揮を手がけ、約40億円の制作費を投じた前編は、第68回ゴールデングローブ賞のミニシリーズ/テレビ映画部門の作品賞にノミネートされた。日本では、NHK BShiで放送されている(全8回)。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、フォレット著「大聖堂 果てしなき世界」を原作とする続編「ワールド・ウィズアウト・エンド(原題)」は、7月4日にブダペストでクランクイン予定。前編と同規模の制作予算を組み、今回もスコット兄弟が制作を手がける。現在、キャスティングが進行中だという。

14世紀のイングランドを舞台とした「大聖堂 果てしなき世界」は、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストに30週間ランクイン。前作同様、世界規模のヒットを記録している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi