PUFFY「うさぎドロップ」映画&TVアニメ主題歌を書き下ろし : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月1日 > PUFFY「うさぎドロップ」映画&TVアニメ主題歌を書き下ろし
メニュー

PUFFY「うさぎドロップ」映画&TVアニメ主題歌を書き下ろし

2011年4月1日 15:00

「うさぎドロップ」と相思相愛のPUFFY「うさぎドロップ」

「うさぎドロップ」と相思相愛のPUFFY
[拡大画像]

[映画.com ニュース] デビュー15周年を迎えるPUFFYが、松山ケンイチ主演の映画「うさぎドロップ」の主題歌を手がけることがわかった。同作のために書き下ろした楽曲「SWEET DROPS」で、7月からフジテレビ“ノイタミナ”で放送されるテレビアニメ版のオープニングテーマ曲にも決定。映画とテレビアニメで同じ楽曲を主題歌にするのは、業界初の試みだ。

PUFFYは、原作コミックの帯に「はじめて会ったその日から決めてました。大吉さん!大好きです。できることなら一緒にりんちゃんを…。」とコメントを寄せるほど、原作の大ファン。一方、原作者の宇仁田ゆみも、コンサートに足を運ぶほど同グループのファンだったことから、“相思相愛”ぶりがうかがえる楽曲が誕生した。

大貫亜美吉村由美は、「主題歌のお話がきたときはものすごくうれしかったです。原作の世界観を壊さないように、そしてPUFFYらしく……。すごく納得のいく楽曲に仕上がったと思っています」とコメントを寄せた。宇仁田も、「夢のようです。心がふわっと軽くなる『SWEET DROPS』、映画館で歌うと怒られるので、みなさんおうちでアニメ見ながら歌ってくださいね」と手放しで喜んでいる。


松山ケンイチがイクメンに挑戦!「うさぎドロップ」

松山ケンイチがイクメンに挑戦!
(C)うさぎドロップ製作委員会
[拡大画像]

原作は、累計発行部数82万部を突破した宇仁田の同名人気漫画。映画はSABU監督がメガホンをとり、松山と天才子役の芦田愛菜が初共演を果たした。27歳・恋人なしの青年ダイキチが、祖父の葬儀で出会った6歳の隠し子・リンを引き取り、不器用ながらも必死に育児に取り組む姿を描く。

映画「うさぎドロップ」は、8月20日から全国で公開。テレビアニメ「うさぎドロップ」は、7月からフジテレビ“ノイタミナ”ほかで放送予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi