「ブラック・スワン」代役の告白に、D・アロノフスキー監督が反論 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月29日 > 「ブラック・スワン」代役の告白に、D・アロノフスキー監督が反論
メニュー

「ブラック・スワン」代役の告白に、D・アロノフスキー監督が反論

2011年3月29日 14:51

ナタリーを擁護「ブラック・スワン」

ナタリーを擁護
写真:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ブラック・スワン」でアカデミー賞主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマンのバレエシーンについて、ダーレン・アロノフスキー監督が「80%はナタリー本人が踊ったものだ」と主張した。

同作は、ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナのニーナ(ポートマン)が、「白鳥の湖」の舞台に立つ新プリマバレリーナの座をめぐって、ライバルダンサーのリリー(ミラ・クニス)と競ううち、精神的に追い詰められていく姿を描くスリラー。ポートマンは減量し、バレエを猛特訓するなど徹底した役づくりで挑み、初のオスカーを手に入れた。

ところが、劇中でポートマンのダンスダブル(代役)を務めたアメリカン・バレエ・シアターのソリスト、サラ・レーンが先日、米エンターテインメント・ウィークリー誌に「体全部が映ったショットで、ナタリー本人が踊っているのは5%。そのほかのショットはすべて私」と告白。また、プロデューサーからレーンのダンスについては取材陣に語らないよう口止めされたと明かした。

これに対し、アロノフスキー監督は「これが真実だ。全部で139あるダンスショットのうち、ナタリー・ポートマンが踊った未加工のものは111ある。サラ・レーンのものが28だ。計算すると、つまり80%はナタリーということになる」と反論。そして、「ダンスダブルを使用したのはワイドショットで、1秒にも満たない。2つほど複雑な長いダンスシーンがあり、そこは顔だけ(ナタリーに)差し替えた。そうだとしても、時間的には90%以上がナタリー本人だ」と断言した。

アロノフスキー監督は、「ナタリーは大変な努力をして、身体的にも感情的にも素晴らしい演技を見せた。私はこの映画を見る人たちに、あれは彼女ではないと思ってほしくない。まさしく彼女なんだ」と強調。また、本作の振り付けを担当し、ポートマンと婚約したバレエダンサーのベンジャミン・ミルピエも「サラ・レーンは映画でフットワークとフェッテ、スタジオでのダイアゴナルを1回やっているだけ。映画の85%はナタリーが踊っている」と擁護している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi