仲村トオル、岸田國士に思いをはせ「紙も捨てたもんじゃない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月27日 > 仲村トオル、岸田國士に思いをはせ「紙も捨てたもんじゃない」
メニュー

仲村トオル、岸田國士に思いをはせ「紙も捨てたもんじゃない」

2011年3月27日 13:23

岸田國士「紙風船」主演のふたり「紙風船」

岸田國士「紙風船」主演のふたり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 劇作家・岸田國士(くにお)の短編戯曲を、東京藝術大学の学生が映画化した「紙風船」が3月26日、公開初日を迎え、主演の仲村トオル緒川たまきが東京・渋谷のユーロスペースで舞台挨拶を行った。仲村は「紙風船というおもちゃは道具としては役に立たないものですが、同じ紙に80年前に書かれた物語は、時を超えて映画を志す若者たちの心を揺さぶり、腕を引っ張ったり背中を蹴ったりと力を持つ。紙も捨てたもんじゃないと感じます」と満足げに語った。

同作は、岸田の短編戯曲を原作とした4話からなるオムニバス映画。仲村と緒川が出演する「紙風船」は、退屈な日曜日を持て余した夫婦が“ごっこ遊び”で鎌倉へ小旅行に出かけるが、夫のある行動によって現実に戻ってくるという物語。黒沢清北野武らに師事した秋野翔一監督がメガホンをとった。

仲村と夫婦役を演じた緒川は、本作撮影後、舞台でも兄妹役で共演したと話し「すっかりなつかせていただきました。今はすっかり身内の気分で、隣にいると落ち着きます」と息の合ったところをアピール。作品について「大正、昭和初期に活躍した人が書いたものなので、時の隔たりが非常にあるんですが、心の内側の描き方のモダンさは、今の私たちの求めているものそのもの。岸田國士的なるエッセンスを感じてもらえたら」と観客に呼びかけた。

学生主体の現場について仲村は、「(プロと比べて)足りないと感じたことはまったくなかった」と太鼓判。緒川は「学生さん同士なので上下関係がなく、それぞれの役割を持ちながらも、持ち場を超えて助け合ってる姿に感激しました」と振り返った。

同時上映されるのは、「あの星はいつ現はれるか」(廣原暁監督)、「命を弄ぶ男ふたり」(眞田康平監督)、「秘密の代償」(吉川諒監督)の3作品。大後寿々花森岡龍光石研富田靖子水橋研二佐津川愛美らが出演する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi