海外で絶賛のドキュメンタリー日本公開 ピュ~ぴる「感無量」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月26日 > 海外で絶賛のドキュメンタリー日本公開 ピュ~ぴる「感無量」
メニュー

海外で絶賛のドキュメンタリー日本公開 ピュ~ぴる「感無量」

2011年3月26日 16:27

劇場ではピュ~ぴるの作品も展示「ピュ~ぴる」

劇場ではピュ~ぴるの作品も展示
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 国際的に活躍する現代美術アーティスト・ピュ~ぴるが、自身のアイデンティティを見つめ、芸術家として模索していく姿を追ったドキュメンタリー「ピュ~ぴる」(松永大司監督)の初日舞台挨拶が3月26日、都内の劇場で行われた。ピュ~ぴるは「もともと劇場で見てもらえると考えていなかったので、自分が生まれた国で、友だちや愛すべき皆さんに見てもらえて感無量」と感激した様子だった。

映画は、ピュ~ぴると長年の友人である松永監督が、性同一障害、失恋、去勢手術を経て横浜トリエンナーレでのパフォーマンスに至るまでの8年間を追ったドキュメンタリー。本作は完成後13カ国の海外映画祭に招待され、今年1月のロッテルダム国際映画祭では、700本以上の上映作品から観客投票でベスト10入りという快挙を成し遂げた。

ピュ~ぴるは、「この作品で私のセクシャリティがメディアなどで注目されていると思うんですが、私個人の問題だけではなく、その先に家族の物語、愛や勇気を持つことだったり、みなさんも持っていることにもつながっていると思います。勇気を持って生きること、自分を愛すること、愛する人を愛し抜くことを感じていただけたら」と作品をアピールした。


ピュ~ぴるのニットコスチューム「PLANETARIA Jupiter」「ピュ~ぴる」

ピュ~ぴるのニットコスチューム「PLANETARIA Jupiter」
[拡大画像]

松永監督は、「もともとピュ~ぴるとふたりで撮り始めたもの。こういう形で皆さんに発表できてうれしい。今、なかなか映画館に足を運んだり、エンタテインメントを楽しむことが遠くなっていると思いますが、この作品を見てもらって、明日もまた頑張ろうと思ってもらえれば幸いです」と思い入れを込めて語った。

劇場では、好きな金額を募金箱に投入するシステムでピュ~ぴる作成のオリジナルポストカードを販売、売り上げは東日本大震災の義援金として全額寄付される。劇場ではピュ~ぴるの新作が展示される予定だが、そのほか震災への思いを込めた作品をつくり、売り上げを寄付する構想も明かした。

ピュ~ぴる」は、渋谷・ユーロスペースほかで公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi