ブラピ製作のゾンビ映画が頓挫の危機 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月24日 > ブラピ製作のゾンビ映画が頓挫の危機
メニュー

ブラピ製作のゾンビ映画が頓挫の危機

2011年3月24日 14:14

実現は共同出資者の出現次第「007 慰めの報酬」

実現は共同出資者の出現次第
写真:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ブラッド・ピット主演のSF超大作「World WarZ」が、暗しょうに乗り上げていることが分かった。

同作はマックス・ブルックスのベストセラー小説の映画化で、ゾンビに支配された近未来の地球を舞台にしたSFサスペンスホラー。Vultureによれば、主演・プロデュースはブラッド・ピット、メガホンは「007 慰めの報酬」のマーク・フォースター監督が決まっているものの、パラマウントは1億2500万ドル以上という高額の製作費を理由にゴーサインを出していない。

現在は、リスク分散のために共同出資者を捜しているといい、「トゥルー・グリット」や「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル(仮題)」など、同社作品に出資しているデビッド・エリソンらにアプローチをしている最中だという。パラマウントが単独で製作に踏み切る可能性は低いことから、映画化の実現は共同出資者の出現次第といえそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi