アガサ・クリスティの傑作「ねじれた家」が映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月24日 > アガサ・クリスティの傑作「ねじれた家」が映画化
メニュー

アガサ・クリスティの傑作「ねじれた家」が映画化

2011年3月24日 07:02

名作が映画化「ゴスフォード・パーク」

名作が映画化
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ミステリーの女王アガサ・クリスティの長編小説「ねじれた家(Crooked House)」が、映画化されることになった。

1949年に発表された「ねじれた家」は、クリスティ本人が「自作のなかで最も好きな2作品のうちのひとつ」と語った傑作ミステリー。第2次世界大戦直後の英ロンドンを舞台に、ねじれた家で起こった殺人事件を発端にした物語が繰り広げられる。同作が映画化されるのは初めてとなる。

英インディペンデント紙によれば、ロバート・アルトマン監督作「ゴスフォード・パーク」(01)でアカデミー賞脚本賞を受賞したジュリアン・フェローズが脚色を手がけ、ニール・ラビュート監督がメガホンをとるという。現時点ではキャストは明らかになっていない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi