「カーズ」は盗作? 英脚本家がディズニー/ピクサーを提訴 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月23日 > 「カーズ」は盗作? 英脚本家がディズニー/ピクサーを提訴
メニュー

「カーズ」は盗作? 英脚本家がディズニー/ピクサーを提訴

2011年3月23日 07:52

世界興収4億5000万ドルの大ヒットに盗作疑惑「カーズ」

世界興収4億5000万ドルの大ヒットに盗作疑惑
(C) DISNEY / PIXAR
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英脚本家ジェイク・マンデビル=アンソニーが、大ヒットアニメ映画「カーズ」(2006)と公開を控える続編「カーズ2」は、自身が1990年代初期に提出した脚本の一部をもとにしているとして、ウォルト・ディズニーとピクサーを提訴。米ハリウッド・レポーター誌によれば、マンデビル=アンソニーは、損害賠償と6月24日に予定されている「カーズ2」の劇場公開の中止を求めているという。

米連邦地裁に提出された訴えには、マンデビル=アンソニーによる3部構成の脚本の1部が「カーズ」というタイトルで、46の車のアニメーションキャラクターの説明とスケッチ、マーケティング及び関連商品プランも含んでいたとされている。マンデビル=アンソニーは同脚本を当時、ディズニーを含む複数の製作会社に送ったと語っている。

また、1993年にルーカスフィルムの重役ジム・モリスと会い、同脚本のコピーを渡したとしている。ピクサーとルーカスフィルムは80年代から提携関係にあり、モリスは2005年にピクサーに移籍。現在も同社のゼネラル・マネージャーを務めている。

マンデビル=アンソニーが本件に関して行動を起こすのはこれが初めてではなく、両サイドはこれまでも英国内で論争を重ねていた。今回の提訴で、自身による脚本と映画「カーズ」の類似点を多数挙げ、製作側の著作権侵害と暗黙の契約不履行を訴えている。

カーズ」は世界興収4億5000万ドルの大ヒットを記録し、関連商品もディズニーの主力ブランドとなっている。本件に関して製作側はコメントを出していない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi