友近「吉原炎上」五社監督のこだわりに感嘆 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月20日 > 友近「吉原炎上」五社監督のこだわりに感嘆
メニュー

友近「吉原炎上」五社監督のこだわりに感嘆

2011年3月20日 14:08

上映前から長蛇の列をつくった 「吉原炎上」のトークショー「吉原炎上」

上映前から長蛇の列をつくった
「吉原炎上」のトークショー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントの藤井隆友近、レイザーラモンRGが3月20日、第3回沖縄国際映画祭のカウントダウンイベントで、「吉原炎上」の上映に際しトークショーを行った。

五社英雄監督がメガホンをとった「吉原炎上」(1987)は、名取裕子扮する主人公の久乃ら吉原の5人の花魁(おいらん)の悲喜を描いた。88年には名取主演で舞台化されたほか、07年には観月ありさ主演でテレビドラマ化されている。

友近は、「初めて見た10代のころはいやらしい目で見ていたけれど、大人になると女性のはかなさを感じるようになった。男は女なしには生きられないし、女は男なしでは生きられないものなんですね」としみじみ。さらに、「五社監督はキャスティングがいい。悩んでいる女優さんを起用するそうなんです。そうすると迫真の演技を見せる。この作品でいえばかたせ梨乃さんなんです」と巨匠の演出とこだわりに感嘆していた。

上映中に見どころを解説する“生オーディオコメンタリー”を敢行した3人。藤井は、「あの人もこの人も出ている! という新しい発見がある」と話し、冒頭に登場する野村真美の姿に驚いていた。なお、上映開始から約5分間にわたり映像が流れないハプニングがあったが、レイザーラモンRGの「座布団あるある」で急場をしのぎ、場内の笑いを誘っていた。

第3回沖縄国際映画祭は、22日に開幕し27日まで。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi