「英国王のスピーチ」オスカー効果で海外興収が大幅アップ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月16日 > 「英国王のスピーチ」オスカー効果で海外興収が大幅アップ
メニュー

「英国王のスピーチ」オスカー効果で海外興収が大幅アップ

2011年3月16日 09:44

主要4部門で受賞した「英国王のスピーチ」「英国王のスピーチ」

主要4部門で受賞した「英国王のスピーチ」
(C) 2010 See-Saw Films. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第83回アカデミー賞で、作品賞を含む4部門を受賞した「英国王のスピーチ」の海外(米国外)興行収入が、受賞後初めての週末(3月4~6日)に大きく上昇し、これまでで最高の1940万ドルを記録したことがわかった。

米バラエティ紙によれば、同作はオスカー受賞直後の週末、新たに公開を迎えた7カ国・地域を含む海外55カ国・地域の3593館で上映。ドイツの興収260万ドル、フランスの230万ドルを筆頭にイギリス、日本などで顕著に数字を伸ばした。海外興収は前週末から30%アップし、累計興収を1億8670万ドルとしている。

そのうち、1億7850万ドルが2011年に入ってから記録されたもの。これで同作は、11年の海外興収で全作品のなかで2位(現在1位は「塔の上のラプンツェル」の1億8500万ドル) となり、近日中に1位に躍り出る勢いだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi