震災ジョークでCM降板の米コメディアン陳謝 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月16日 > 震災ジョークでCM降板の米コメディアン陳謝
メニュー

震災ジョークでCM降板の米コメディアン陳謝

2011年3月16日 15:14

日本の震災をネタにしたジョークについて謝罪

日本の震災をネタにしたジョークについて謝罪
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東日本大地震をネタに無神経なジョークをTwitterで連発し、10年以上かかわっていたCMを降板させられた米コメディアンのギルバート・ゴットフリードが、謝罪を表明した。

米保険会社大手アフラックのCMに出演し、アヒルの声優として知られるゴットフリードは「さすが日本は発達している。連中はビーチに出かける必要がない。ビーチのほうからやって来てくれるんだから」など計12回にわたってツイート。非難が殺到し、アフラック社は即座にゴットフリードの解雇を発表した。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、ゴットフリードは「日本で起こった悲劇に対する私のジョークで気分を害された方々に心からおわびしたい」と陳謝。さらに、「侮辱するつもりはまったくなく、私の心は犠牲者の方々とそのご家族とともにある」との声明を発表した。

ゴットフリードは9・11の直後にも、似たようなジョークを披露して物議を醸していた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi