アンジェリーナ・ジョリー、映画監督として代理人と契約 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月15日 > アンジェリーナ・ジョリー、映画監督として代理人と契約
メニュー

アンジェリーナ・ジョリー、映画監督として代理人と契約

2011年3月15日 08:53

監督業に本格的に乗り出すアンジー

監督業に本格的に乗り出すアンジー
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アンジェリーナ・ジョリーが、映画監督、および脚本家として米大手エージェンシーのユナイテッド・タレント・エージェンシー(UTA)と契約を結んだとDeadlineが報じた。

ジョリーは、エージェントを持たないハリウッド女優として知られ、作品選定は長年のマネージャーであるゲイヤー・コシンスキーに任せてきた経緯がある。

現在、ボスニアを舞台にしたタイトル未定の初監督作のポストプロダクションに入っているジョリー。UTAとの代理人契約締結は、今後、映画作家としての活動に重点を置く可能性も秘めている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi