コリン・ファース、パク・チャヌク監督作「ストーカー」に出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月10日 > コリン・ファース、パク・チャヌク監督作「ストーカー」に出演
メニュー

コリン・ファース、パク・チャヌク監督作「ストーカー」に出演

2011年3月10日 11:05

パク・チャヌク監督作に出演「オールド・ボーイ」

パク・チャヌク監督作に出演
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「オールド・ボーイ」で知られる、韓国の鬼才パク・チャヌク監督初の英語作品となる新作映画「Stoker」に、「英国王のスピーチ」で第83回アカデミー主演男優賞に輝いたコリン・ファースが出演交渉中であることが分かった。

同作は、「プリズン・ブレイク」の俳優ウェントワース・ミラーが初めて手がけた脚本の映画化。ハリウッド業界人が選ぶ製作前の優秀脚本「ザ・ブラックリスト」2010年版の5位に選ばれた注目作で、父親を亡くしたばかりの若い娘と母のもとに、それまで行方をくらましていたナゾめいた叔父が姿を現すというミステリードラマ。

米ロサンゼルス・タイムズ紙によれば、ファースが叔父役、ニコール・キッドマンが母親役で現在出演交渉中だという。また、娘役には「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカが決定。もともと母娘役には、ジョディ・フォスターキャリー・マリガンが決定したと報じられたが、その後変更があった模様だ。

ファースは今年、キャメロン・ディアスと共演予定のリメイク版「泥棒貴族」の撮影も控えているが、「Stoker」が決まればこちらが次回作になる見込み。米フォックス・サーチライトの製作で、今春終わり頃のクランクインを予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi