玉木宏「タイトル見て緊張」 ドラマ「砂の器」に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月9日 > 玉木宏「タイトル見て緊張」 ドラマ「砂の器」に主演
メニュー

玉木宏「タイトル見て緊張」 ドラマ「砂の器」に主演

2011年3月9日 19:50

若手刑事・吉村を演じる玉木(中)「砂の器」

若手刑事・吉村を演じる玉木(中)
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] テレビ朝日系のスペシャルドラマ「砂の器」(3月12、13日午後9時)」の発表会見が3月9日、都内の同局で行われた。昭和を代表する推理作家・松本清張の同名小説が原作。主演した玉木宏は「過去に何度も映像化されてきた作品ですから。タイトルを見たときは緊張しました」と振り返った。

砂の器」の映像化は、野村芳太郎監督の有名な映画版があるほか、テレビドラマ化は今回が5度目。玉木は、物語の魅力を「単に刑事が犯人を追いつめて事件を解決するというだけの話じゃない。戦後というものが背景にある重厚な人間ドラマ。世知辛い今の世の中に“家族愛”を伝えられれば」とアピールした。

戦後間もない昭和35年を舞台に、東京・蒲田駅で他殺体が発見された事件に端を発するサスペンス。過去の映像化とは異なり、若手刑事・吉村(玉木)の目線で描かれる。昨年12月から全国各地で約80日間かけて撮影された。

中谷美紀小林薫らが共演。主人公の恋人で新聞記者の洋子役を演じた中谷は、「原作にはないキャラクターだけれど楽しくできた」とニッコリ。ベテラン刑事・今西役の小林は「自分は足先からのど元まで“昭和”だから、撮影でも(環境に)困ることはまったくなかった」と笑わせた。作曲家・和賀役は佐々木蔵之介が演じる。(映画.com×文化通信.com)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi