ブッダ生誕記念“ロータスデー”制定 工藤静香らによる仏画を展示 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月7日 > ブッダ生誕記念“ロータスデー”制定 工藤静香らによる仏画を展示
メニュー

ブッダ生誕記念“ロータスデー”制定 工藤静香らによる仏画を展示

2011年3月7日 15:02

仏画を手がける工藤静香「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく」

仏画を手がける工藤静香
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 手塚治虫の名作「ブッダ」をアニメーション映画化した「手塚治虫のブッダ ―赤い砂漠よ!美しく―」の公開を記念し、配給元の東映は3月7日、仏教の祖であるブッダの生誕日(=花まつり)とされる4月8日を今年から「ロータスデー」というネーミングで、日本記念日協会に登録したことを発表。同社の岡田裕介社長は、この活動に協賛する東京タワーを管理運営する日本電波塔の前田伸社長、JR東日本の見並陽一常務とともに会見した。

仏の叡智(えいち)や慈悲を象徴すると言われる蓮(ロータス)をあしらい、4月8日=“しあわせ”という語呂を掛けたロゴとともにロータスデーの記念日登録を発表した岡田社長。京都出身ということで、「以前は京都でも4月8日にはバスや電車は花を飾ってお祝いしていました。仏さまというと暗いイメージを抱きがちですが、明るいロータスデーを全国に広めてゆければ」と語った。

今後、記念日に合わせて様々なイベントが開催されるが、東京タワーは3月30日を皮切りに31日、4月4~8日の夜間、蓮の花をイメージしたライティングが施され、“永遠”“幸福”“愛”を表現する3色で夜の東京を彩る。また、東京タワーのフットタウン3階タワーギャラリー333では、「ブッダの素顔展~手塚治虫と四代巨星(スター)」と銘打ち、手塚の「ブッダ」の原画とともに、画家としても活躍する石坂浩二片岡鶴太郎工藤静香八代亜紀の手による仏画を展示。30日のライトアップ初日には点灯式が行われ、この4人も出席する予定だ。


会見した東映・岡田裕介社長ら「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく」

会見した東映・岡田裕介社長ら
[拡大画像]

工藤は、今回の仏画出展に際し「触れば触るほど、描きこまないといけないことが多くて困っています。新しいモチーフの中でも、最終的に自分らしい絵が、描ければ良いのですが……」とコメント。また、JR東日本では4月8日限定で、成田山新勝寺の花祭りを体験できる、“専用臨時列車「ロータス列車成田号」で行く成田山新勝寺花まつり体験”というツアーチケットを発売する(3月14日発売開始予定)。

映画は全3部作で構成され、今回の第1部では、後にブッダとなるシッダールタ王子の誕生と青春の日々が中心に描かれ、吉永小百合堺雅人、能楽師の観世清和吉岡秀隆らが声優陣として参加している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi