「最高の自分を演じたい」 R・マクアダムスが恋に仕事に大奮闘! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月4日 > 「最高の自分を演じたい」 R・マクアダムスが恋に仕事に大奮闘!
メニュー

「最高の自分を演じたい」 R・マクアダムスが恋に仕事に大奮闘!

2011年3月4日 19:53

難攻不落な大御所キャスターに大苦戦「恋とニュースのつくり方」

難攻不落な大御所キャスターに大苦戦
(C) 2010 Paramount Pictures. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ノッティングヒルの恋人」のロジャー・ミッシェル監督最新作「恋とニュースのつくり方」に主演するレイチェル・マクアダムスが、同作への思い、製作秘話を語っている。

ニュースに対して強烈な情熱を注ぐ女性プロデューサー・ベッキーが、恋に仕事に奮闘しながら、超低視聴率で放送終了を迫られた番組を立て直すまでを描く。レイチェル扮するベッキーの頭を悩ませるふたりのベテランキャスターを演じるのは、ハリソン・フォードダイアン・キートン。脚本を「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナが執筆した。

レイチェルの同作への出演は、子どものころからあこがれていたヒーローのひとり、フォードとの共演が決め手になったという。「すごくドライで静かなハリソンのユーモアセンスは、この役にぴったり。彼なら気難しいベテランキャスターのマイクを見事に演じるとわかっていた」と断言する。


仕事に恋に全力投球!「恋とニュースのつくり方」

仕事に恋に全力投球!
(C) 2010 Paramount Pictures. All rights reserved.
[拡大画像]

「表面は落ち着いてみえるが、実際はいつもナーバスになる。きっと隠すのがうまいだけ」と謙そんしながらも、「彼(フォード)に感心してもらいたい、自分にとって最高の演技をしたい」と仕事に対する意欲的な姿勢をうかがわせた。また、劇中で最も気に入っているという、ベッキーが集中攻撃をあびるニュースルームでのシーンは、役者ひとりひとりが皆、素晴らしかったと述懐。さらに、「何の変哲もないキャラクターを巧みに重要な役に仕立て上げる」とロジャー監督に最敬礼だ。

また、ふだんはスエット姿で仕事へ向かうという。撮影中、最もユニークだった点については「ハトを説得したこと。ハトの群れの間を走り抜けるシーンのためにパンでハトをおびき寄せなければならなかった」と製作秘話を明かした。

恋とニュースのつくり方」は、全国で公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi