アカデミー賞授賞式でJ・ブローリンとJ・バルデムがキス 放送はカット : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月4日 > アカデミー賞授賞式でJ・ブローリンとJ・バルデムがキス 放送はカット
メニュー

アカデミー賞授賞式でJ・ブローリンとJ・バルデムがキス 放送はカット

2011年3月4日 14:36

放送されなかったキスシーン「ノーカントリー」

放送されなかったキスシーン
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第83回アカデミー賞授賞式で、脚色賞・脚本賞のプレゼンターを務めた俳優ジョシュ・ブローリンハビエル・バルデムが、ステージ上でキスしたが、米ABC局のライブ中継ではその模様が放映されていなかったことが分かった。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、おそろいのタキシード姿で登場した2人は、即興でダンスとキスを披露。しかし、その瞬間にテレビカメラは客席の映像に切り替わり、バルデムの妻で女優のペネロペ・クルスの笑顔を映すだけだった。

脚色賞・脚本賞発表の前には、助演女優賞を受賞したメリッサ・レオが、スピーチで放送禁止用語のFワードを発するハプニングがあった。そのため、ブローリンとバルデムのキスは意図的にオンエアされなかったのではとの推測が報じられたが、アカデミー賞プロデューサーのブルース・コーエンはこれを否定。「初めから、客席にいるクルスの表情を映すという流れで進行が決まっていた」と主張し、もしオンエアされていれば「(今年の授賞式で)最大の見どころになっていただろう」と語った。

ABC局は2009年、人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」出身の歌手アダム・ランバートと男性ミュージシャンのキスを放送し、視聴者から苦情が殺到したという経緯がある。

ブローリンとバルデムは、07年のジョエル&イーサン・コーエン監督作「ノーカントリー」で共演。バルデムは、同作でアカデミー賞助演男優賞を受賞している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi