「ロボコップ」リメイクにブラジルの「アバター」超え監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月3日 > 「ロボコップ」リメイクにブラジルの「アバター」超え監督
メニュー

「ロボコップ」リメイクにブラジルの「アバター」超え監督

2011年3月3日 17:11

ブラジル出身のジョゼ・パジーリャ監督「ロボコップ」

ブラジル出身のジョゼ・パジーリャ監督
写真: ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ブラジル出身のジョゼ・パジーリャ監督(「バス174」)が、「ロボコップ」(1987)のリメイク版のメガホンをとる可能性が高くなった。米Deadlineによれば、パジーリャ監督は現在、製作スタジオのMGMと交渉に入っている。

かつてダーレン・アロノフスキー(「ブラック・スワン」)が監督に決定し、企画開発を行っていた同プロジェクトだったが、MGMの再建計画に伴って製作が中断。アロノフスキー監督は降板し、ヒュー・ジャックマン主演「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」の続編に取りかかった。

パジーリャ監督のこれまでの作品は、主にポルトガル語を使用しているため広く知られることはなかったが、犯罪映画「Tropa de Elite(原題)」(07)は、ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞。その続編は、本国ブラジルで、「アバター」を超える大ヒットを記録している。

ポール・バーホーベン監督がメガホンをとった「ロボコップ」のオリジナルは、犯罪者に殺された警官がロボットとしてよみがえり、過去の記憶に苦しみながら活躍する物語。第3弾までシリーズ化され、テレビドラマやアニメーションも製作された。MGMは、リメイク版を再建後に製作する最初の大作と位置づけているという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi