歌手デビュー城田優、曲づくりで“未来視体験”!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月28日 > 歌手デビュー城田優、曲づくりで“未来視体験”!?
メニュー

歌手デビュー城田優、曲づくりで“未来視体験”!?

2011年2月28日 16:11

歌手デビューに感動した城田優「ブラックアウト」

歌手デビューに感動した城田優
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「LOST」をしのぐ反響を呼んだ人気ドラマ「フラッシュフォワード」のDVDリリース記念“日本全国縦断スペシャルプレビュー・イン・シアター ファイナル・イベント”が2月28日、神奈川・ラゾーナ川崎で行なわれ、本作の名誉宣伝サポーターで、イメージソングを歌うアーティスト"U"こと俳優の城田優が、舞台挨拶とデビューライブを行った。

全人類が一斉に意識を失う“ブラックアウト”が発生し、2分17秒の間、それぞれが自分の未来を見るという“フラッシュフォワード(未来視体験)”により、パニックに陥るというストーリー。日本から女優・竹内結子が、単身米国に渡る日本人女性“ケイコ”として出演し、DVD-BOXには竹内にクランクインから密着した「MEET YUKO」という特典映像も収録されている。

全話鑑賞済みの城田は、「全世界が舞台になっているので“自分ならどうするだろう?”と感情移入できる作品。ちょっとしたところにヒントが隠されているのでDVDで何度も見返したい」とどっぷりハマった様子。竹内の出演については、やはり同じ日本人俳優として触発されたようで「日本での映画やドラマとはまたひと味違う存在感の中にもきちっと“和”のお芝居をされていてすごいなと思いました。もし未来視体験できたら、僕が続編に出ているところを見てみたいです(笑)」とちゃっかりアピールしてみせた。

日本人とスペイン人のハーフでもある城田は、5月4日に発売されるドラマのイメージソング「Sisyphus(シシファス)」の2カ国版を含む3曲を披露。「歌手デビューは12年越しの夢だったので泣きそうになっちゃいました。いつも謙そんするタイプですが、いつか世界を変えられるぐらいのアーティストになります!」と宣言。「Sisyphus」は、作詞・作曲のほかアレンジも手掛けたそうで「ドラマを見ていないときにタイトル候補として『ブラックアウト』という曲名を考えていたんです。歌詞も運命にあらがおうとするところがドラマのテーマと共通していて、(本編を)見てビックリ。“未来視”しちゃいましたね(笑)」とおどけ、会場を沸かせていた。

「フラッシュフォワード」DVDは、3月2日からレンタル及び発売開始。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi