【第83回アカデミー賞】「ザ・ファイター」メリッサ・レオが悲願の助演女優賞 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月28日 > 【第83回アカデミー賞】「ザ・ファイター」メリッサ・レオが悲願の助演女優賞
メニュー

【第83回アカデミー賞】「ザ・ファイター」メリッサ・レオが悲願の助演女優賞

2011年2月28日 10:58

メリッサ・レオがオスカー初受賞「ザ・ファイター」

メリッサ・レオがオスカー初受賞
(C)2010 RELATIVITY MEDIA. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第83回アカデミー賞の授賞式が2月27日(日本時間28日)、米カリフォルニア州ロサンゼルスのハリウッド・コダックシアターで行われ、「ザ・ファイター」(3月26日公開)のメリッサ・レオが助演女優賞を受賞した。

デビッド・O・ラッセル監督が、プロボクサーのミッキー・ウォードと、異父兄ディッキー・エクランドのきずなを描いた実録ドラマ。ディッキー(クリスチャン・べール)は、町の期待を背負う天才ボクサーだったが、短気で怠惰な性格から生活が破綻し、薬物に溺れて監獄送りになる。同じボクサーのミッキー(マーク・ウォールバーグ)は、兄とは正反対の地道な性格で、母アリス(レオ)から言われるまま試合を重ねるが、なかなか勝つことができない。恋人シャーリーン(エイミー・アダムス)の支えにより、次第に連勝し始めたミッキーが、ついに世界タイトルマッチの切符を手に入れたころ、兄ディッキーが出所する。

レオは、2008年の「フローズン・リバー」でアカデミー賞主演女優賞にノミネート。「ザ・ファイター」では、奔放で勝気な母親役を演じ、ゴールデングローブ賞(ドラマ部門)、全米俳優組合賞、ブロードキャスト映画批評家協会賞など、各映画賞の助演女優賞を軒並み制して、アカデミー賞助演女優賞の筆頭候補と目されていた。

しかし、初のオスカー獲得に向け勇み足になったレオが、2月上旬にバラエティ誌やハリウッド・レポーター誌といった業界紙に露骨なPR広告を掲載。これにより受賞の危機が取り沙汰されたが、このほど悲願のオスカー像を手中に収めた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi