鈴木砂羽、「江」の現場は「まさに女子会」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月26日 > 鈴木砂羽、「江」の現場は「まさに女子会」
メニュー

鈴木砂羽、「江」の現場は「まさに女子会」

2011年2月26日 12:34

「江」撮影現場では女子トーク

「江」撮影現場では女子トーク
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] NHK大河ドラマ「江 姫たちの戦国」とコラボレーションした東京タワー「江」展のオープニングセレモニーが2月25日に行われた。ドラマから柴田勝家役の大地康雄、京極龍子役の鈴木砂羽が出席。1月から撮影に入った鈴木は「現場はまさに女子会。ずっと女子トークしています」と笑わせた。

大地はすでに出演シーンの撮影が終了。主演の上野樹里はじめ宮沢りえ水川あさみ鈴木保奈美らと“家族”になる役どころで「こんなに美女に囲まれて演技するなんて初めてで……緊張して舞い上がっちゃった」と笑顔で振り返った。

「江~姫たちの戦国~」は、有名な“浅井3姉妹”の末っ子・江(上野)の激動の生涯を描く。「江」展では、ドラマの世界を紹介。近隣の増上寺内に江が祭られていることもあり、東京タワーで26日にスタート、12月25日まで開催される。

無料コーナーには、大奥の御鈴廊下を再現したセットや、ドラマの紹介パネル、衣装、小道具などを展示。有料コーナーでは、アニメーター・湖川友謙氏が描くドラマ登場人物の原画イラストやタブレット端末を使ったゲームが楽しめる。有料コーナーの入場料は500円。(映画.com×文化通信.com)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi