ピーター・ジャクソン監督、ニュージーランド被災者支援申し出る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月24日 > ピーター・ジャクソン監督、ニュージーランド被災者支援申し出る
メニュー

ピーター・ジャクソン監督、ニュージーランド被災者支援申し出る

2011年2月24日 15:13

被災者支援を申し出

被災者支援を申し出
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ニュージーランドの南島にある都市クライストチャーチで大地震が発生したことを受け、同国出身のピーター・ジャクソン監督が支援を申し出た。

ジャクソン監督は現在、3月下旬にクランクインする全2部作の超大作「ホビット(原題)」のプリプロダクションの最中で、製作会社WETAがある北島のウェリントンは被害を免れている。

ハリウッド・レポーター誌を通じ、「『ホビット』の製作にかかわるすべての人々がショックを受け、地震とその壊滅的な損害に悲しんでいる」と声明を発表。そのうえで、映画の出演者やクルーがクライストチャーチを慰問するなど、あらゆる面で具体的な支援をする準備があると、担当省であるMinistry of Civil Defense and Emergency Managementに提案したことを明かしている。

ニュージーランドを襲った悲劇に、ジャクソン監督は相当心を痛めているようで「クライストチャーチの人々とこの惨劇に影響を受けたすべての人々に心よりお見舞い申し上げます」と述べている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi