ベルリン銀熊賞「再会の食卓」 まさかのNGシーンも公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月22日 > ベルリン銀熊賞「再会の食卓」 まさかのNGシーンも公開
メニュー

ベルリン銀熊賞「再会の食卓」 まさかのNGシーンも公開

2011年2月22日 11:07

公開作品にまさかのNGシーン「再会の食卓」

公開作品にまさかのNGシーン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2010年度ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した「再会の食卓」(ワン・チュエンアン監督)で、NGシーンが公開されていることが明らかになった。

本作でワン監督は食卓のシーンに重きを置き、すべて3分ほどの長回しで定点撮影。3人の老人の人間模様や喜怒哀楽が大きな見どころとなっている。NGシーンはそんな食卓シーンのひとつで、上海で暮らすユィアーが、生き別れになった夫のイエンションを、40年ぶりに台湾から迎える場面に含まれている。

日本で言うところの町内会長役の俳優が、乾杯の音頭を取る際に「家族への乾杯」と言うせりふを間違えて「世界中の恋人が……」と言ってしまう。言った本人も思わず笑い、キャストたちも心配そうに「まだ続けるの?」とカメラの方を思わず見つめてしまうのだ。公開作品内にNGシーンがあるとはなかなか考えられないが、長回し撮影と平均年齢75歳の俳優たちの自然な演技ゆえに採用になった模様だ。

本作は、上海で暮らすユィアーが、生き別れた夫イエンションが40数年ぶりに台湾から帰るとの知らせを受ける。すでに再婚して新しい家族を築いていたユイアーは、戸惑いながらも元夫を食事に招いて精一杯のもてなしをするが、彼から台湾で一緒に暮らそうと誘われてしまう。中国と台湾の複雑な関係を背景にしながらも、食卓を舞台に、家族のあり方、家族での語り合いの重要さを描いた。

再会の食卓」は全国で公開中。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi