スコセッシ&ディカプリオ「ウォール街狂乱日記」で5度目タッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月18日 > スコセッシ&ディカプリオ「ウォール街狂乱日記」で5度目タッグ
メニュー

スコセッシ&ディカプリオ「ウォール街狂乱日記」で5度目タッグ

2011年2月18日 15:22

5度目のタッグは、ウォール街が舞台

5度目のタッグは、ウォール街が舞台
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが、新作映画「The Wolf of Wall Street」で5度目のタッグを組むことが分かった。

同作は、ジョーダン・ベルフォートの同名回顧録(邦題「ウォール街狂乱日記/狼と呼ばれた私のヤバすぎる人生」)の映画化。1990年代のウォール街を舞台に、20代で億万長者になったベルフォートのセックスとドラッグ漬けの日々、そして株価操作で刑務所送りとなったてん末を描く。「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」「Boardwalk Empire」のテリー・ウィンターが脚色を手がけた。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、「ウォール街狂乱日記」の映画化は、米ワーナー・ブラザースが4年前から企画していたもので、当初はリドリー・スコット監督がメガホンをとる予定だった。原作者ベルフォートは、「レオとマーティはまさに究極のドリームチーム。ずっと待っていたかいがあった」とコメントを発表した。

スコセッシ監督は、12月に全米公開予定の最新作「ユゴーの不思議な発明(HugoCabret)」のポストプロダクション中。ほかにもフランク・シナトラの伝記映画や遠藤周作「沈黙」の映画化など、複数のプロジェクトを抱えており、本作が次回作となるかどうかは不明だ。ディカプリオは、FBI初代長官J・エドガー・フーバーに扮するクリント・イーストウッド監督作「J・エドガー(原題)」の撮影中だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi