檀れい、加藤清史郎の母役で“くの一”に 父は中村獅童 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月17日 > 檀れい、加藤清史郎の母役で“くの一”に 父は中村獅童
メニュー

檀れい、加藤清史郎の母役で“くの一”に 父は中村獅童

2011年2月17日 07:10

3人で忍者親子に変身!「忍たま乱太郎」

3人で忍者親子に変身!
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優の檀れいが、映画「忍たま乱太郎」で、加藤清史郎演じる猪名寺乱太郎の母役を演じることになった。また、父の猪名寺平之介役は中村獅童が扮する。

“くの一”としてアクションシーンもこなし、今回新境地を見せた檀は「くの一らしい(刃物を扱う)シーンもあり、アクションを一発で決めるのは難しかったです」と述懐。そして、「昨年の夏の暑い撮影のなか、元気いっぱい乱太郎を演じていた清史郎くんは、礼儀正しい“こども店長”でした(笑)」と主役の加藤をいたわった。

現在、テレビドラマ「美しい隣人」でも母親を演じている檀だが、この忍者家族について「温かい家族でありながらも息子を送り出すときなどは厳しくなった」というほど見事な母親役を熱演。「子どもの人気番組が映画になるということで、私自身もうれしいオファーでしたし、テレビ放送でも知っていたので、公開して多くの子どもたちが喜んでくれるよう楽しい作品を作りたいと思いました」と話している。

一方、中村が演じる父親・平之介は、半農半忍の生活をおくるヒラ忍者で、現在は農業で生計を立てているという役どころ。「僕にぴったりの父親役です。スタッフには僕と清史郎くんが似ているとよく言われていましたが、清史郎くんは経験豊かな役者さんのようにしっかりしており、僕よりも大人のようなところもあり驚きました」と振り返った。中村にとって、「いま、会いにゆきます」(04)以来の父親役となり、昨年の夏に行われた撮影では家族3人で農作業を行い、父と子でキャッチボールならぬ“キャッチ手裏剣”を楽しむなど、和やかな撮影現場になったという。

戦国時代、三流忍者の家に生まれた乱太郎は、エリート忍者になってほしいという両親の期待を胸に、忍術学園へ入学する。生徒たちは忍者のたまご、「忍たま」と呼ばれ、乱太郎もちょっと変わった先生や、かわいいくノ一たちとともに楽しい学園生活を送るが、乱太郎たち3人組はいつもドジばかりを踏んでしまう。「ヤッターマン」(09)の三池崇史監督がメガホンをとる。

忍たま乱太郎」は、7月23日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi