山田孝之、1人3役挑戦でカメレオン俳優の本領発揮 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月15日 > 山田孝之、1人3役挑戦でカメレオン俳優の本領発揮
メニュー

山田孝之、1人3役挑戦でカメレオン俳優の本領発揮

2011年2月15日 07:00

山田孝之扮する踊る愛の伝道師・ 熊谷ベッソンとアシスタント「ミロクローゼ」

山田孝之扮する踊る愛の伝道師・
熊谷ベッソンとアシスタント
(C)「ミロクローゼ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の山田孝之が、映画「ミロクローゼ」で1人3役に挑んでいることがわかった。パフォーマンスグループ「キュピキュピ」を主宰し、「カラー・オブ・ライフ」のメガホンをとった石橋義正監督の新作で、3月に開催される第35回香港国際映画祭の「I SEE IT MY WAY」部門への正式招待が決定している。

米ハリウッド・レポーター誌が発表した「世界の注目俳優10人」に、日本人としてただひとり選ばれた山田の新作が、香港へ渡る。それに先駆け、美術界からの熱烈オファーに応える形で、2月18、27日の2日間のみアートの祭典「恵比寿映像祭」でジャパンプレミアを行うことも決まった。

山田が今作で演じるのは、金髪おかっぱ頭の外国人、浪人、愛の伝道師の3役。男はある日、理想の女性と出会い恋に落ちるが、幸せな日々は長く続かず、女は突然去っていく。男はその幻影を追い求め時空を越えてさすらい、波乱万丈の冒険を繰り広げるという3部構成のラブファンタジー。カメレオン俳優の異名をもつだけに、本領発揮といえる。

マネキンを使った異色ドラマ「オー!マイキー」で一世を風びした石橋監督は、“人を好きになる”ことが今作のテーマだといい「人は皆、5次元世界を生きているかもしれないと考えています。この世界に生きる自分と、同時に他の世界に生きる自分。輪廻転生ではなく、すでに今この世界に同時進行しているということです。この映画では、このふたつの考えを軸に、新しい映画の見方を提案したい」とコメントを寄せた。

ミロクローゼ」は、2011年に公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi