オスカー候補メリッサ・レオ、露骨な自腹広告が反感買う : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月14日 > オスカー候補メリッサ・レオ、露骨な自腹広告が反感買う
メニュー

オスカー候補メリッサ・レオ、露骨な自腹広告が反感買う

2011年2月14日 14:13

やりすぎが裏目に…!?「ザ・ファイター」

やりすぎが裏目に…!?
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]アカデミー賞助演女優賞の最有力とされていたメリッサ・レオ(「ザ・ファイター」)が、自ら行った宣伝活動が原因で、受賞を逃す可能性が取り沙汰されている。

レオは80年代から活動しているベテラン女優で、08年の「フローズン・リバー」でアカデミー賞初ノミネートを果たしている。マーク・ウォルバーグやクリスチャン・ベイルと共演した最新作「ザ・ファイター」での熱演が高く評価され、今年はゴールデングローブ賞やSAG賞などを受賞。オスカーを確実視されていたが、「フローズン・リバー」で受賞を逃したことがよほど悔しかったのか、2月上旬にバラエティ誌やハリウッド・レポーター誌といった業界紙に自腹で全面広告を掲載した。

ゴージャスな衣装をまとった大写しの写真に、「Consider…」(~をご検討ください)というメッセージを埋め込んだ露骨な宣伝はアカデミー会員の反感を買い、現在では2番人気のヘイリー・スタインフェルド(「トゥルー・グリット」)に逆転されたとの調査結果もある。果たしてどのような結果になるか、2月27日(現地時間)のアカデミー賞授賞式に注目が集まる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi