堀北真希、「白夜行」ベルリン上映に感無量 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月14日 > 堀北真希、「白夜行」ベルリン上映に感無量
メニュー

堀北真希、「白夜行」ベルリン上映に感無量

2011年2月14日 13:10

ベルリン国際映画祭に参加した堀北真希「白夜行」

ベルリン国際映画祭に参加した堀北真希
(C)Kazuko Wakayama
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2月10日に開幕したベルリン国際映画祭で2月12日(現地時間)、パノラマ部門に選ばれた「白夜行」が上映され、深川栄洋監督と主演の堀北真希が舞台挨拶を行った。チケットが完売し満員御礼となった会場に、深川監督は「はるばる海を超えてこの作品をベルリンで上映することができてとてもうれしい。みなさんの反応が楽しみです」。堀北は、用意してきた英語で挨拶を始め「とてもプレシャスな経験をすることができて光栄です」答え、拍手を浴びた。

本作は149分の長尺のために終映は深夜を回っていたにもかかわらず、観客の多くは上映後のティーチインまで残っていた。映画化する際、東野圭吾原作のどんな点に焦点を当てたのかという質問に対し、深川監督は「一番心がけたのは、キャラクターの心理描写をあえて描かないということ。また主人公のふたりが顔を合わせないということも踏襲しました」と説明した。

一方、堀北はヒロイン像について「彼女はとても上昇志向の強い人。ただし彼女をわかりやすい人のようには演じたくなかった」という。そして、「脚本の段階から監督と話し合い、長い原作のなかからどんな要素を取り入れてつくっていくかということを相談できたことも良かったです」。深川監督は映像へのこだわりにも触れ、独特の色味を出すためにかつて故市川崑監督が用いた「銀のこし」の手法を使ったことを明かした。

物語は登場人物が多く、さまざまな付せんが張り巡らされた複雑なものだが、現地の観客からは「わかりにくいところはなかった」という声が聞かれた。ティーチイン後、会場を出た堀北は感極まった様子で、「こういう場所に来て映画好きな観客の方たちの愛情を感じることができました。これからも頑張りたいと思います」とコメント。ドイツ在住の日本人や地元ファンに囲まれ、サインをするひと幕も見られた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi