小西×真木×池脇、山田孝之めぐり“仁義なき戦い” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月11日 > 小西×真木×池脇、山田孝之めぐり“仁義なき戦い”
メニュー

小西×真木×池脇、山田孝之めぐり“仁義なき戦い”

2011年2月11日 16:29

壮絶バトルを繰り広げる真木よう子(左)、 小西真奈美(中央)、池脇千鶴(右)「指輪をはめたい」

壮絶バトルを繰り広げる真木よう子(左)、
小西真奈美(中央)、池脇千鶴(右)
(C)2011「指輪をはめたい」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の小西真奈美真木よう子池脇千鶴が、山田孝之の主演映画「指輪をはめたい」に出演していることがわかった。3人は、山田扮する主人公の片山輝彦に三股をかけられてしまう役どころで、劇中では激しく殴り合う“仁義なき戦い”を繰り広げているという。

同作は、芥川賞作家・伊藤たかみの小説を岩田ユキ監督が映画化。ひょんな事故で記憶の一部を喪失した独身で29歳の主人公が、三股交際していた3人の恋人から同時に結婚を迫られ、誰に婚約指輪をわたすべきか悩む姿を描く。

小西は輝彦の会社の先輩で何事にも完ぺき主義なエリート女史・住友智恵、真木は営業先の風俗店で働く潮崎めぐみ、池脇は公園で人形劇屋台をする古風で控えめな鈴木和歌子を演じる。3人が鉢合わせになり殴り合うシーンは、劇中とはいえ修羅場そのもの。特に小西と真木のバトルでは、「とにかく本気でやって1回でOKもらいましょうね」と話してから本番に向かった。

“仁義なき戦い”を振り返る小西は、「お互いの爪(の長さ)を確認しあって撮影に臨みました。感情が乗ってくると表情も本気になるので、終わったときには『耳、大丈夫だった?』『赤くなっていない?』とケアし合いました。いい感じにやり合えたと思います」と自画自賛してみせた。

一方の真木も、「クランクインのときからずっと緊張していました。カメラが回ると気持ちも本気モードに入るので、リアルにやり合えて良かったです。『カット! OKです』の監督の声を聞いたときはホッとしました」と述懐。池脇は、「人をたたくシーンというのは、いつになってもとても怖くて緊張してしまいます。それでも和歌子なりに必死で暴れたので、おふたりに痛い思いをさせてしまったかもしれず、怒っていないか心配です(笑)」と話している。

指輪をはめたい」は、2011年に全国で公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi