竹野内豊“戦友”30人のサプライズ登場に感無量 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月11日 > 竹野内豊“戦友”30人のサプライズ登場に感無量
メニュー

竹野内豊“戦友”30人のサプライズ登場に感無量

2011年2月11日 14:21

竹野内豊を筆頭に和気あいあいとした舞台挨拶「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」

竹野内豊を筆頭に和気あいあいとした舞台挨拶
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 竹野内豊の約3年ぶりとなる主演映画「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」が2月11日、全国300スクリーンで公開。竹野内をはじめ共演の井上真央山田孝之中嶋朋子岡田義徳阿部サダヲ唐沢寿明平山秀幸監督、チェリン・グラック監督は東京・有楽町のTOHOシネマズ有楽座で舞台挨拶に立った。

日米開戦70年特別企画として元米海兵隊員ドン・ジョーンズが発表した「タッポーチョ『敵ながら天晴』大場隊の勇戦512日」(絶版)を映画化。太平洋戦争の激戦地サイパン島で、わずか47人の兵力で米軍4万5000人を神出鬼没な戦略で翻ろうし、畏敬の念を込めて“フォックス”と呼ばれた実在の人物・大場栄大尉と、米軍側のハーマン・ルイス大尉、双方の視点で描く。

竹野内は、約2カ月間に及ぶタイでの過酷なロケ、積極的なプロモーション活動を経ての封切りに晴れ晴れとした笑顔をのぞかせた。撮影期間を含め、これまでに起きた“奇跡”について「サイパンで戦った47人のひとり、新倉幸雄さんとお会いできたことが奇跡。それと、真央ちゃんがタイで虫を食べたことは奇跡的なこと」と振り返った。


「平山30隊」を手拍子で出迎えるキャスト陣「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」

「平山30隊」を手拍子で出迎えるキャスト陣
[拡大画像]

これに対し、井上は「違いますよ! 屋台で竹野内さんに食べさせられたんですよ」と苦笑いを浮かべながら弁明。そして、「絶対に食べたくなかったんですが、(竹野内の)キラキラしたおめめで差し出されて『おいしいよ』って。それで食べちゃいました」と説明し、場内を笑わせた。また、唐沢は「久々に共演者と会って……。阿部くん、太ったねえ。山田くんは足が短くなったし、岡田くんはアメ横の店長みたい。チェリン監督もラルフローレンの店長みたいだ」と言いたい放題で、爆笑を誘っていた。

この日は、キャスト陣にはサプライズとして、竹野内らとともに本格的な軍事訓練を経験し、2カ月にわたるタイロケに臨んだ通称「平山30(さんまる)隊」が登場。劇場後方から劇中さながらに軍歌「歩兵の本領」を熱唱しながらの登壇に、苦楽をともにした竹野内らは感激しきりの様子だ。「30隊」のリーダーだった長谷部浩幸さんから花束を手渡されると、力強く抱き合っていた。竹野内は「胸がいっぱい。あの激戦のなかを生きた思いを、たった2時間で映し出すことは到底できません。ただ、皆さんに『尊ぶ』ということを忘れないでいただきたい」と真しな眼差(まなざ)しで訴えていた。

また、イギリス、アイルランド、ドイツ、オーストリア、スイスの5カ国での公開が決定した。特にイギリスでは10社以上が配給権を争い、獲得したArrow Filmsは同作を絶賛。さらにフランス、ベルギー、オランダなど多くの国とも配給交渉が続いている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi