コミコンのチケット、たった7時間で完売 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月10日 > コミコンのチケット、たった7時間で完売
メニュー

コミコンのチケット、たった7時間で完売

2011年2月10日 16:56

7時間で完売!

7時間で完売!
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2月5日に発売開始となった「コミコン」の入場チケットが、わずか7時間で完売したことが明らかになった。

毎年7月に米サンディエゴで行われるコミコンといえば、いまやハリウッド映画の見本市となっており、会場のコンベンションセンターにスターが大挙して訪れ、新作映画のプロモーションを行うことで知られている。もともとはコミックやSFファンのための小さな展示会だったが、対象を映画やゲーム、アニメなどに拡大するに従って動員数が増大した経緯がある。

2009年にはチケットの完売までに半年間かかったのに対し、昨年は2カ月。そして、今年はなんとたった7時間で完売してしまった。オンラインのチケット販売を行ったTicketLeapによれば、予想を大幅に超えるトラフィックがあったため、チケットが購入できないなどの不具合が生じたそうで、ピーク時には1分間に約40万回ものページリクエストがあったという。

コミコンに関しては、5年ほど前からキャパシティの問題が取り沙汰されており、他の都市への移転も検討されたものの、結局立ち消えになったという経緯がある。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi