「白雪姫」実写版、意地悪な王妃にジュリア・ロバーツ確定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月10日 > 「白雪姫」実写版、意地悪な王妃にジュリア・ロバーツ確定
メニュー

「白雪姫」実写版、意地悪な王妃にジュリア・ロバーツ確定

2011年2月10日 16:56

2012年6月に公開決定「白雪姫」

2012年6月に公開決定
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハリウッドで進行中の「白雪姫」実写版プロジェクトのひとつ、製作会社リラティビティ・メディアの「ザ・ブラザーズ・グリム:スノウ・ホワイト(原題)」の意地悪な王妃役に、ジュリア・ロバーツが決定した。同社が2月8日、ロバーツと正式に契約を結んだことを認め、米各メディアが報じている。

またリラティビティは、同作の公開をユニバーサル版「白雪姫」企画である「スノウ・ホワイト・アンド・ザ・ハンツマン(原題)」より6カ月も早い、2012年6月29日に決定したことも発表した。ターセム・シン監督(「落下の王国」「ザ・セル」)がメガホンをとり、4月にクランクイン予定。

一方、CM出身の映像作家ルパート・サンダースの監督デビュー作となるユニバーサル版は、白雪姫役にクリステン・スチュワート(「トワイライト」シリーズ)、意地悪な王妃役にシャーリーズ・セロン、物語の重要な役割を務める猟師役にビゴ・モーテンセンを配し、すでに12年12月21日の公開を決めていた。準備が後手に回っていたリラティビティがロバーツを獲得したことで、一気にライバル関係が加熱。ユニバーサル版は今夏クランクイン予定のため、撮影もリラティビティ版が先行しそう。今後は同作の、ロバーツ以外のキャストに注目が集まる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi