「太平洋の奇跡」平山秀幸監督「次世代にバトンタッチできれば」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月10日 > 「太平洋の奇跡」平山秀幸監督「次世代にバトンタッチできれば」
メニュー

「太平洋の奇跡」平山秀幸監督「次世代にバトンタッチできれば」

2011年2月10日 11:24

平山秀幸監督(左)とチェリン・グラック監督「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」

平山秀幸監督(左)とチェリン・グラック監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日米開戦70年特別企画として製作された「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」の公開を前に2月9日、平山秀幸監督とUSユニットのメガホンをとったチェリン・グラック監督が東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。

太平洋戦争の激戦地サイパン島を舞台に、わずか47人の兵力と神出鬼没な戦略で、米軍4万5000人を翻ろうし“フォックス”と呼ばれた実在の人物・大場栄大尉(竹野内豊)と、米軍側のハーマン・ルイス大尉、双方の視点で当時の戦況を描く。

平山監督は「僕もチェリン監督も戦争体験がない世代。それでも当時のことを映画として残すことで、次世代にバトンタッチできればと思った。今後、若い人たちが戦争映画を作る可能性もありますから、ぜひたすきを受け取ってほしい」と熱弁。ある女性記者から、美化し過ぎではないかと指摘されると「大場さんはヒーローではない。名誉だろうが不名誉であろうが、あの状況で人の命を守り切った。それ自体がとにかくすごいことだったとしか言いようがない」と持論を展開した。

チェリン監督は、「アメリカに残されたぼう大な資料を検証し、作品づくりに臨んだ」と徹底したリサーチを強調。一方、日本側の資料はほとんど破棄されていたといい「大場さんを含めた兵士、民間人がどんな思いを抱き、どう行動したかはフィクションを織り交ぜている」(平山監督)。撮影前には主演の竹野内が大場大尉の子息と対面し、「父は無口で、野武士のような人だった」と述懐したそうで、平山監督も「この言葉が大きなカギになった。そういった意味では、ぼう大な資料とちょっとしたヒントから作品が完成したと言える」と語った。

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」は、2月11日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi