山梨県初の映画賞「山梨文学シネマアワード2011」が誕生 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月9日 > 山梨県初の映画賞「山梨文学シネマアワード2011」が誕生
メニュー

山梨県初の映画賞「山梨文学シネマアワード2011」が誕生

2011年2月9日 11:23

「山梨文学シネマアワード2011」のポスター

「山梨文学シネマアワード2011」のポスター
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山梨県初の映画賞「山梨文学シネマアワード2011」が、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」を立ち上げた映画ジャーナリストの小松澤陽一氏によって創設された。同賞は、数多くの文学者や映画人を育み、数々の名作の舞台となってきた山梨に密着した文学をテーマにした映画賞となる。

映画・文学界において偉大な業績を残した映画人を表彰する「マスタークラスアワード」に、女優の淡島千景、俳優の仲代達矢、映画監督の若松孝二、作家の島地勝彦、漫画家の永井豪が選出された。また、ポーセリンアート(磁器芸術)を代表する世界のトップブランド「リヤドロ」による「LLADRO AWARDS」を、俳優の萩原健一、女優の夏木マリ、映画監督の平山秀幸、女優の工藤夕貴、映画監督の山田あかねが受賞する。

授賞式のほか、受賞者を講師陣に迎えて関連作についてのティーチインを行う“受賞記念ワークショップ”、山梨有数の文学ゆかりの地を訪問する“文学の道 散策ツアー”などを実施する。創設プロデューサーの小松澤氏は「『山梨文学シネマアワード2011』は“学びの映画賞”です。“文学の道 散策ツアー”の実施で、物語の文化遺産に学び、“受賞記念ワークショップ”の開催で芸術と人生の匠たちのメッセージに学んでほしいと、私たちは願っています」とコンセプトを説明した。

「山梨文学シネマアワード2011」授賞式は、2月13日に山梨・甲府で開催。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi