カンヌグランプリ戴冠の「神々と男たち」日本公開が3月に決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月9日 > カンヌグランプリ戴冠の「神々と男たち」日本公開が3月に決定
メニュー

カンヌグランプリ戴冠の「神々と男たち」日本公開が3月に決定

2011年2月9日 11:23

フランスで社会現象になった「神々と男たち」「神々と男たち」

フランスで社会現象になった「神々と男たち」
(C)2010 ARMADA FILMS - WHY NOT PRODUCTIONS
- FRANCE 3 CINEMA
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1996年アルジェリアで起きた武装イスラム集団による、フランス人修道士7人の誘拐・殺害テロ事件を基にした作品で、昨年の第63回カンヌ映画祭でグランプリを受賞した「神々と男たち」の日本公開が決定した。

カンヌでグランプリを受賞後は、フランスのアカデミー賞と呼ばれるセザール賞の作品賞、監督賞、主演男優賞をはじめ、10部門11ノミネートの最多ノミネート。数々の映画賞でのノミネートと受賞ラッシュも奏功し、また、テロや宗教問題という作品背景からもフランスで社会現象となった。

フランス人修道士たちが、現地のイスラム教徒と宗派を越えて穏やかに交流していた北アフリカ、アルジェリアが舞台。しかしアルジェリア軍とイスラム原理主義者による内戦が激化し、武装集団が修道士たちを狙い始める。修道士たちは周辺の住民を見捨てこの地を去るか、死を覚悟して留まるかを苦悩しながら決断しなければならない。彼らの揺れる心の動きから、宗教、国籍を超えた信念の強さと人間の尊厳を描いている。

主人公の修道院長を演じる、ランベール・ウィルソンは「マトリックス」シリーズなどに出演する一方、本格的に歌手活動も行っている。劇中の修道士の「聖歌」のシーンと、象徴的なシーンで使用される「白鳥の湖」はパリ・オペラ座での指揮者が指導に当たり、話題となった。

神々と男たち」は、3月5日からシネスイッチ銀座で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi