台湾で大人気のアイドル、銀幕デビュー作で“かわいすぎる”書店員に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月9日 > 台湾で大人気のアイドル、銀幕デビュー作で“かわいすぎる”書店員に
メニュー

台湾で大人気のアイドル、銀幕デビュー作で“かわいすぎる”書店員に

2011年2月9日 11:23

台湾で大人気のアンバー・クォ「台北の朝、僕は恋をする」

台湾で大人気のアンバー・クォ
(C)2010 AtomCinema / greenskyfilms / All rights reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ビム・ベンダースが製作総指揮を務める映画「台北の朝、僕は恋をする」で、台湾で絶大な人気を誇る歌手で女優のアンバー・クォが銀幕デビューを飾っている。

アンバー・クォは、台湾で「夢の恋人」と形容されるほどの人気を誇り、国内で9社のCM契約をもっている。歌手として活動しているが、作詞・作曲も手がけるほどの実力派。テレビドラマにも引っ張りだこのなか、同作で演じているのは書店員のスージーだ。

恋人がパリへ留学し失意のどん底にある主人公カイは、寂しさをまぎらわすために書店へ足繁く通っている。書店員のスージーは、毎日やってきてはフランス語の本を読むカイが気になって仕方がない。そんな2人が、スリリングでコミカルな一夜を過ごすことになり、本当に大切なものが何なのかに気づいていく姿を描く。

同作でカイとスージーが出会うことになるのは、台北市内の「誠品書店」。映画公開後には、多くのファンが足を運んだことで大きな話題を呼んだ。同店でも、劇中で書店員として働くアンバー・クォの劇中カットを巨大パネルにして設置。男性ファンを中心に、多くの若者がパネルを撮影していたという。

“かわいすぎる”書店員役でアンバー・クォが出演する同作は、アメリカ育ちの台湾人アービン・チェン監督の最新作。初監督作となった短編映画「MEI 美」は、ベルリン国際映画祭の短編部門で銀熊賞に輝いた。台湾の新世代を担う俳優陣が結集した今作では、夜の台北の幻想的な表情を切り取っている。

台北の朝、僕は恋をする」は、3月12日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi