「ボンド23」にレイフ・ファインズ参加? 「きわめてダークで複雑な役柄」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月7日 > 「ボンド23」にレイフ・ファインズ参加? 「きわめてダークで複雑な役柄」
メニュー

「ボンド23」にレイフ・ファインズ参加? 「きわめてダークで複雑な役柄」

2011年2月7日 11:27

名優が続々参加の噂「アビエイター」

名優が続々参加の噂
写真:James Veysey/Camera Press/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ダニエル・クレイグが三たびジェームズ・ボンド役に臨む「007」シリーズ最新第23作、通称「ボンド23」に、イギリスの名優レイフ・ファインズが参加する可能性が出てきた。

英デイリー・メール紙によれば、同作のメガホンをとるサム・メンデス監督とプロデューサー陣は、ファインズに「きわめてダークで複雑な役柄」をオファー。一般的なアクション映画の枠組にはおさまらない役どころで、メンデス監督の「革新的なアイデア」を聞いたファインズも大いに関心を示しているという。

数日前には、「ボンド23」の悪役がハビエル・バルデムにオファーされていることが判明したばかりだが、ファインズの役どころはそれともまた異なるようだ。両者ともにまだ出演交渉中の段階だが、出演が決まれば重量級の俳優が顔を揃えることになる。

「ボンド23」の脚本を手がけるのは、シリーズ常連のニール・パービスロバート・ウェイドに加え、「アビエイター」と「グラディエーター」で2度アカデミー賞脚本賞にノミネートされたジョン・ローガン。キャストはクレイグのほか、ボンドの上司M役のジュディ・デンチの続投が決定している。2012年11月9日世界公開予定。

なお、ファインズがシェイクスピア悲劇の映画化で初メガホンをとった「コリオレイナス」は、今月10日から開催される第61回ベルリン国際映画祭コンペティション部門への出品が決定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi