May'nがドキュメンタリー映画初日に生ライブ!「“音の国”を感じた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月5日 > May'nがドキュメンタリー映画初日に生ライブ!「“音の国”を感じた」
メニュー

May'nがドキュメンタリー映画初日に生ライブ!「“音の国”を感じた」

2011年2月5日 16:57

舞台挨拶に立ったMay'nと須永秀明監督「May'n THE MOVIE Phonic Nation 3D」

舞台挨拶に立ったMay'nと須永秀明監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アーティストMay'n(メイン)の姿を追ったドキュメンタリー映画「May'n THE MOVIE Phonic Nation 3D」が2月5日(土)に公開初日を迎え、May'nと須永秀明監督が、東京・シネマサンシャイン池袋で舞台挨拶を行った。May'nは、観客とともに自らが作詞作曲した「Phonic Nation」を熱唱。会場は熱狂に包まれた。

アニメ「マクロスF」に登場する歌姫シェリル・ノームの歌パートを担当し、大ブレイクを果たしたMay'n。今作では、昨年行ったライブツアー「2010 SUMMER TOUR Phonic Nation」の様子に加え、音楽への愛、「Phonic Nation」という曲に込めた思いなどがつづられている。

大歓声に迎えられたMay'nは、「今の私の音楽のすべて、日々感じている思いを撮っていただきました。『Phonic Nation』の思いを多くの人に伝えられたらうれしいです」と挨拶。映画の一部は3Dとなっているが、「私はふだん、自分のライブは復習用に見るんですが、この映画に関しては私も思わず『May'n!』と手を伸ばしてしまい(笑)、May'nがMay'nに向かって歌っているような不思議な感覚になりました」と笑顔をのぞかせた。

舞台挨拶終盤には「Phpnic Nation」を披露したが、最後の「La la la...」のパートになると、観客も一緒に熱唱。「音楽でひとつになれる…“音の国”を感じました」と感激した面持ちで語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi