「第二回午前十時の映画祭」劇場ごとに独自の取り組み : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月4日 > 「第二回午前十時の映画祭」劇場ごとに独自の取り組み
メニュー

「第二回午前十時の映画祭」劇場ごとに独自の取り組み

2011年2月4日 06:30

「ブラック・サンデー」ポストカード TOHOシネマズ府中で2月5日入場者全員にプレゼント「ブラック・サンデー」

「ブラック・サンデー」ポストカード
TOHOシネマズ府中で2月5日入場者全員にプレゼント
[拡大画像]

[映画.com ニュース]往年の名作洋画をニュープリントで、毎日午前10時から1年間にわたり連続上映する「第二回午前十時の映画祭」(映画文化協会主催)が、2月5日に開幕する。映画祭開催を記念し、独自の取り組みを行う劇場が増えてきている。

東京・TOHOシネマズ府中では、「上映すれば映画館を爆破する」という脅迫のために日本公開がかなわず、幻の作品として名高い「ブラック・サンデー」(1977)のポストカードを、5日の初日に限り入場者全員にプレゼントする。同作は、開幕作品として同劇場最大のスクリーン2(499席)で11日まで1週間上映。また、TOHOシネマズ六本木ヒルズでは、6日に「サウンド・オブ・ミュージック」を都内最大級の席数をもつスクリーン7で上映する。

地方の劇場も、積極的な姿勢で取り組んでいる。MOVIE ON山形では、「午前十時の映画祭スタンプラリー」を開催。作品鑑賞ごとに押印されるスタンプの数に応じ、旅館宿泊券、ホテル食事券などが抽選で当たる。長野グランドシネマズでもスタンプカードを配布し、鑑賞回数に応じて記念品をプレゼントするという。

「午前十時の映画祭」第一回は、昨年2月6日から今年1月21日まで開催され、観客動員58万6000人、興行収入約5億6000万円を記録し、当初の動員目標50万人を上回る実績を残した。第二回となる今回は、上映劇場を25館から50館、上映作品を50作品から100作品に拡大。初年度に上映した50作品を「Series1/赤の50本」として今回から加わる25劇場で、新たに選ばれた50作品を「Series2/青の50本」として初年度から参加している25劇場で上映。東京・TOHOシネマズみゆき座と大阪・TOHOシネマズ梅田では終日上映する。

「第二回午前十時の映画祭」(http://asa10.eiga.com/2011/)は、2011年2月5日~12年1月20日開催。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi