ジェーン・バーキン 17歳で初婚、ジョン・バリーさんとの結婚生活を振り返る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月2日 > ジェーン・バーキン 17歳で初婚、ジョン・バリーさんとの結婚生活を振り返る
メニュー

ジェーン・バーキン 17歳で初婚、ジョン・バリーさんとの結婚生活を振り返る

2011年2月2日 15:57

13歳年上のバリーさんと結婚「野生のエルザ」

13歳年上のバリーさんと結婚
写真:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手で女優のジェーン・バーキンが、米ニューヨークで死去した英作曲家ジョン・バリーさんについて、仏「パリジャン」紙のインタビューに応じた。

バーキンは、1965年に17歳でバリーさんと結婚(バリーさんは再婚)。長女のケイトをもうけるが、68年に離婚した。ケイト・バリーは現在、写真家として活躍している。最初の夫となったバリーさんとの結婚について、「私と彼は13歳の年の差があり、当時周りは私たちの関係に納得しなかったし、彼はドン・ファンだと噂されていました。私の父は未成年のまま彼と結婚することを望まなかったけれど、17歳の私は聞く耳を持ちませんでした。(結婚後は)彼のために料理をし、完ぺきな妻でいたかった。彼の子どもがほしかったんです」と振り返った。

その後バーキンは、アーティストのセルジュ・ゲンスブール、映画監督のジャック・ドワイヨンと結婚、離婚を経験。それぞれの相手と1女(シャルロット・ゲンスブール、ルー・ドワイヨン)をもうけており、2人は女優として活躍している。

バリーさんは「007」シリーズ第1作「007/ドクター・ノオ」のテーマ曲のアレンジで、一躍有名に。「007」シリーズを手がける一方で、数多くの映画作品を担当した。「野生のエルザ」「冬のライオン」「愛と哀しみの果て」「ダンス・ウィズ・ウルブズ」で計5度アカデミー賞を受賞している。享年77歳。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi