米監督組合賞、「英国王のスピーチ」トム・フーパー監督がサプライズ受賞! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月31日 > 米監督組合賞、「英国王のスピーチ」トム・フーパー監督がサプライズ受賞!
メニュー

米監督組合賞、「英国王のスピーチ」トム・フーパー監督がサプライズ受賞!

2011年1月31日 11:51

DGA賞を制し、喜びの表情「英国王のスピーチ」

DGA賞を制し、喜びの表情
写真:Globe Photos/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第63回アメリカ監督組合(DGA)賞が1月29日発表され、英国王ジョージ6世がきつ音障害を克服し、第2次世界大戦開戦時のスピーチに挑む姿を描いた「英国王のスピーチ」のトム・フーパー監督が長編映画部門で受賞した。

今年のDGA賞は、「ソーシャル・ネットワーク」のデビッド・フィンチャー監督が大本命とされていた。しかし、第22回アメリカ製作者組合(PGA)賞を獲得し、アカデミー賞最多12部門でノミネートされた「英国王のスピーチ」が、すっかり賞レースの流れを変えた格好だ。ちなみに、過去62年間でDGA賞受賞監督がアカデミー監督賞を獲得できなかったのは、わずか6例しかない。

なお、ドキュメンタリー映画部門では、リーマンショックの要因を探った「Inside Job」のチャールズ・ファーガソン監督が、テレビのドラマシリーズ部門では「Boardwalk Empire」のマーティン・スコセッシ監督が受賞した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi